チェンマイのあちこちにある小屋の魅力と暮らしを綴る。
by monotsukuri2
カテゴリ
全体
チェンマイ
ルアンババーン
プノンペン
昆明
クアラルンプール
ヤンゴン
未分類
以前の記事
2016年 08月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 01月
2013年 07月
2012年 08月
2011年 07月
2010年 07月
2010年 01月
2009年 12月
2007年 12月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 07月
2006年 06月
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


バンコック・スワンナプーム空港の大きなサーラ(東屋)

c0076027_1184163.jpg


スワンナプーム空港は、キの字型をしており、ゾーンがAからGまである。チェンマイからの国内線でAゾーンのゲートに到着し、国際線ゾーンのJALの出発ゲートG3までは、歩いて15分ほど。
大きすぎて不便な空港である。
A,B,Cゾーンの交差部分とE,F,Gの交差部分には、この大きなサーラ(東屋)がランドマークとして作られている。
[PR]
# by monotsukuri2 | 2016-08-30 11:08 | チェンマイ

カオソーイ店の伝統建築様式の売店

c0076027_12255148.jpg


カオソーイは、チェンマイをはじめとするタイ北部や、ルアンパバーンをはじめとするラオス北部で広く食べられている、日本で言ったらカレー揚げ麺である。初めタイやラオスの北部が接するミャンマーのシャン地方からからラオス北部に伝わり、その後ラオス北部からタイ北部に広がったとされる。
チェンマイには、カオソーイの店が多いが、ここ「ドゥアンカオソーイ・ファファム」は、スーパーハイウエイのチェンマイ国立博物館の東側にある。この店は、北タイの伝統建築を移築したか、部分的に部材を使い伝統様式で建てられている。
[PR]
# by monotsukuri2 | 2016-08-27 12:26 | チェンマイ

ホテルの室内屋台

c0076027_1219119.jpg


チェンマイで滞在しているマンションは、1泊単位での宿泊も可能である。1階のレストランの前に置いてある室内屋台、かなりしっかりした作りになっている。
[PR]
# by monotsukuri2 | 2016-08-27 12:19 | チェンマイ

大きな日傘のように手入れされた木

c0076027_1651295.jpg


チェンマイ・ラチャパット教育大学の構内の交差点の角にある大きな日傘のように手入れされた木。
テーブルとベンチがいくつもあり、学生が集まっていた。葉から水分が蒸発するので、その木の下は単なる日陰以上に涼しいという。
[PR]
# by monotsukuri2 | 2016-08-22 16:51 | チェンマイ

大学構内の小さな喫茶店

c0076027_16475496.jpg


タイで全国展開しているCafe Amazonは一杯50バーツ前後から、最大のコーヒーチェーン。Cafe Amazonの店舗数の多いはガソリンスタンド、PPT内にある。そんあCafe Amazonが、チェンマイ・ラチャパット教育大学にやってきた。
[PR]
# by monotsukuri2 | 2016-08-22 16:48 | チェンマイ

ゲストハウスKaysorn Residenceの門

c0076027_1214158.jpg


チェンマイの静かな地域にあるKaysorn Residenceは、居心地のいい自然光のたっぷりはいるエアコン付客室を提供している。この近代的ゲストハウスは、町に馴染む木製扉の門を持っている。木の葉で葺いた屋根、隠れ家的雰囲気を出してくれる。
[PR]
# by monotsukuri2 | 2016-08-21 12:14 | チェンマイ

自家発電機小屋

c0076027_12111497.jpg


カンボジアの首都プノンペンのあちらこちらで、店の前に停電時用の自家発電機が置かれているのをみかける。日本と違って電力の供給は安定していない。いつ停電があるかわからない。商売をしていると、自家発電への切り替えが必要となる。この小屋の中にある自家発電機は特に大きい。
[PR]
# by monotsukuri2 | 2016-08-21 12:11 | プノンペン

浸水マングローブ林で発見された小型船のキャビン部分

c0076027_1253451.jpg


カンボジアのプノンペン国立博物館に展示されている、船のキャビン部分。シェムリアップの約16キロ南東のリアップトンレサップの氾濫原の中にある、浸水マングローブ林に囲まれたKompong Phlukで19世紀に発見された。籐と木材で作られたボートのキャビン部分。おそらく高貴な人が使ったものと思われるが、マングローブ林に囲まれた川に浮かぶコテッジとして復活すれば人気になるだろう。
[PR]
# by monotsukuri2 | 2016-08-21 12:05 | プノンペン

飲食物の屋台

c0076027_11482746.jpg


カンボジアの首都プノンペンで見かけた飲食物の屋台。コーヒー、シェイク、ジュースさらにサラダ、ホットドックなどを売る屋台。コーヒー、シェイク、ジュースがそれぞれ1ドル。サラダが1.5ドル。現地の庶民からすればかなり高額である。しかもこの屋台、ドルで価格表示されている。きっと観光客相手の屋台なのかもしれない。
[PR]
# by monotsukuri2 | 2016-08-21 11:48 | プノンペン

5階建てのビルの上の2階建ての鳩小屋

c0076027_1137438.jpg


カンボジアの首都プノンペンで見かけた、5階建てのビルの上に、さらに数メートル延ばした柱の先に設置された鳩小屋。はしごを掛けるのは難しいので、背の高い脚立を使って、餌やり、水やり、掃除などを行うのだろうか。屋根は本格的に瓦葺き、しかも出入り口の白枠の穴から推定すると2階建ての鳩小屋である。
[PR]
# by monotsukuri2 | 2016-08-21 11:30 | プノンペン